Cheongdogun

三溪里溪谷

自然と一つになる淸道最高の避暑地

淸道郡雲門面と慶南の彦陽をつなぐ道路に沿って広がっている。三溪里溪谷は淸道地域の代表的な避暑地である。ベノミ、セングムビリ、ケサルピという三つの溪谷で成していて三溪溪谷とも言われている。道路辺から一見他の溪谷と変わりなく月並みに見えるが、道路の下に少しだけ下ってみると全く違う別世界が広がる。海拔1240mの迦智山から流れ落ちる溪谷の水がいろいろな形態の岩と鬱蒼とした森と一団となって急流と滝を成している壯觀を演出している。雲門ダムを経て雲門寺の方へ行って文名分校の前の三叉路から左側の彦陽へ行く道へ6kmばかりに溪谷が始まる所が三溪里村である。

三溪里溪谷

 住所
慶尙北道 淸道郡 雲門面 新院里、三溪里村
Valid XHTML 1.0 Transitional