Cheongdogun

仙巖書院 故宅體驗

由緖深い故宅村での一夜

錦川面薪旨里は絹の織り目のような水先を保っている東倉川と奇巖怪石、一抱えに余る松の森が一団となった美しい村である。雲岡故宅をはじめ雲南故宅、明重故宅、剡巖故宅、道一故宅など由緖深い故家建築物が集まっていて故宅村として有名である。 仙巖書院は村の西側、東倉川(錦川、ビダン川)が曲がりくねって流れる所にある。村の中心を横切る道路から約300mのところにある。書院が位置している龍頭沼の岩の一帶の風光は淸道 第一の名勝地として数えられているし、逍遙臺という名稱で広く知られている。
  仙巖書院は書堂と住宅が結合している獨特な構造である。このような特徵で書院の品格と韓屋の趣を共に覚えることができるので傳統故宅での宿泊體驗の場所としてとても人気がある。韓屋と一団となった自然を楽しみながら田舎のお膳、茶道體驗など多様なプログラムを體驗することができる。宿泊は2∼3人室から10∼12人室まで多樣である。休暇の季節には觀光客が多いので必ず前もって豫約(010-5345-8445)が必要である。

- 傳統茶道體驗、茶食作り、季節別の傳統食べ物作り
- 天然染め、韓紙工藝、閨房工藝、傳統遊び

仙巖書院 故宅體驗

 住所
慶尙北道 淸道郡 梅田面 靑梅路 825
 連絡先
82-70-4150-8445
 ホームページ
http://www.sunam.co.kr/
Valid XHTML 1.0 Transitional