Cheongdogun

淸道の祭り

QR Code

上面QR码有现在显示的‘网页’的URL消息。

淸道鬪牛祭

退かなくて適當に妥協しない愚直な鬪牛の精神!

闘牛がいつから始まったのかは文献上記録が無く正確に知ることはできないが、この地に農耕文化が定着した時代に牧童らが忙しいながらも一時を楽しむための即興的な遊びとして始めたのが、 次第にその規模が拡散され部落や氏族に広まり、互いの名誉をかけて家勢や族勢誇示の場として利用された。
主にお盆のときの遊びとして、日本植民地時代には韓国民族の共同団結を制圧するため廃止させたが、この命脈を静かに受け継いできた中でついに終戦を向かえ復活し、70年代中半から固有の民俗遊芸として確固たる位置につき、90年代から嶺南闘牛大会をきっかけに毎年3.1節記念行事として、紫渓書院前の広い書院里の川辺で開催される闘牛が毎年規模が大きくなり、今では韓国最大規模の闘牛に生まれ変わった。
我が国の闘牛は牛が一ヶ所に集まり草をむしりながらお互いの頭を向かい合わせ力を競うようになり、牛の主人も自分の牛が勝つよう応援したことが発展し、人々が見て楽しめる闘牛に変化した。 初めは牛の大小に関係なく力と技術で一発勝負を競ったが、最近では重さによって甲、乙、丙に分け体級別に競技をし、一度競技が始まったら角打ち、頭突き、腹打ち、首殴り、角を掛けて引っ張るなど、色々な技能を駆使し競い合い勝者を選び出す。
98年9回大会までは全国民俗闘牛大会で、名実ともに韓国最大規模の闘牛大会として位置付けられた。 1999年には文化観光部指定'韓国の10大地域文化観光祭り'に選定され、韓国を代表する祭りとして認められた。 これに清道郡と清道闘牛協会の努力と先進んだ実践で日本の闘牛3頭を招待し、韓、日親善闘牛大会、駐韓米軍ロデオ競技誘致など、様々なプログラム誘致で国際的行事への足踏みを始め、行事期間中日本/アメリカなど多くの外国人観覧客が参加し、5日間で21万名余りの内外観覧客が清道闘牛祭りに足を運んだ。

  • Bullfighting
  • Bullfighting
  • Bullfighting
  • Bullfighting
 Address
慶尙北道 淸道郡 華陽邑 南省峴路 348番地
 TEL
82-54-370-7500
 Website
http://www.sossaum.or.kr
Valid XHTML 1.0 Transitional