Cheongdogun

淸道の精神

QR Code

上面QR码有现在显示的‘网页’的URL消息。

淸道の歷史

[古代時代] - 伊西國と新羅
[三韓時代]の部族國家の中で一つの小國であった [優由國]が[伊西國]の母體であろうと推測されている。 [伊西國]は今の[華陽邑-栢谷]を中心にして[淸道]の大部分を占めていた部族國家であった。 紀元を前後にして韓半島南部地域に鐵器文化が普及されながら地域の小さな国々が聯盟王國に成長した。このような靑銅器時代と初期鐵器時代の小國の一つが[伊西國]である。 淸道郡一帶に廣範圍に分布している先史遺跡は初めて人間が定着した以後新羅に統合される以前まで[伊西國]が残した考古遺跡である。
新羅儒禮王14年(297年)に[華陽邑]に所在している[伊西山城]での戦いを最後に[新羅]に服屬されて[伊西郡]になった。 [淸道]地域は新羅が洛東江地域を征伐る時、とても重要な戰略の要衝地であった。そのゆえ 新羅は[伊西國]を合倂した後[雲門]一帶に花郞らの修練場を作って三國統一を成し遂げる足場にした。それで[淸道郡]には行政的な面より軍事的な要衝地として新羅の西進政策にしたがって使用された當時の軍隊駐屯地の遺跡が今日までもたくさん残っている。
高麗時代
940年、三つの地域(蘇山縣、荊山縣、烏嶽縣)を合わせて初めて‘淸道’という地名が附與された。983年には慶州牧(當時の首都)に属したが、そのうちに嶺東道に属した。1343年に再び淸道郡に改名されたし、1366年には密陽郡の府屬になった。
朝鮮時代
朝鮮王朝初期の1405年に慶尙道淸道郡になったが、1458年には大邱鎭に属した。以後頻繁な 地方行政改革にしたがって行政區域と名稱が多く變更された。1896年、13道制の實施にしたがって慶尙北道に属するようになった。
近代 ~ 現在
1919年の9個の[面]に改編されたが、1949年に淸道面が、1979年には華陽面が各々[邑]に 昇格されて、全體行政區域は2邑7個面212里になった。郡廳事務所の所在地は最初は華陽邑 東上里であったが、1916年に淸道邑高樹里に移したが、1961年に華陽邑凡谷2里に移して現在に至っている。
- 2個邑: 淸道邑、華陽邑
- 7個面: 角北面、豊角面、伊西面、角南面、梅田面、錦川面、雲門面
Valid XHTML 1.0 Transitional